エンジニアの転職を支援するサイト

求人件数はもちろんのこと、転職支援に関するサービスも充実しています。無料登録することでエンジニア転職のノウハウを専門のコンサルタントから教えてもらえます。また、非公開求人の紹介も行なってもらえます。個人で求人の中から転職したい企業を探すこともできますので、自分にあった転職方法が選べます。



口コミ評判:

リクナビNEXTのサイト内は、エンジニアとしての転職を探す際にも、数も豊富だし、大変使い勝手がよくわかりやすかった。おかげで、転職が決まった。ここに登録して本当に良かったと思っています。(40代 男性)



他のサイトは、エンジニアの求人の数が少なかったのに比べ、リクナビNEXTでは、数もたいへん多く、こちらが十分に選べるほどだった。また、転職を決めた際にも、サイトスタッフのかたが親身に相談に乗ってくださった。満足度では5つ星です。(30代 男性)



たくさんの転職サイトに登録したが、実際に転職できたのは、リクナビNEXTだった。他のところは、情報量や登録会社数の少ないところもあったが、リクナビNEXTでは、安定した会社の多さが今回の転職成功につながったと思う。利用させてもらってよかったです。(30代 男性)



エンジニアの転職はなかなか難しいぞと友人たちからも言われていたので、なるべく多くのインターネット転職サイトに登録しているが、リクナビNEXTだけにかかわらず、まだどこのサイトでも、転職には至っていないので、これから期待したい所です。



会社の先輩が転職を決めて会社をやめたのを知り、自分もリクナビNEXTに登録したが、自分のエンジニアとしての経験の少なさがネックなのか、なかなかすぐに転職できずにいます。(20代 男性)



エンジニアの転職の評判がなかなかよかったので、登録してみたが、言われているほどのサイトの良さを感じない。転職もまだできていない。(30代 男性)


求人数・非公開求人数業界No.1の「リクルートエージェント」では、正社員としての転職に最適と思われる企業を無料で紹介しています。エンジニア職での求人も豊富で、忙しい方向けに平日夜や土日にも転職相談を行っています。業界に精通したキャリアアドバイザーが、あなたのキャリアや希望条件などから、適切な求人をセレクトしてくれます。大手の強みを生かした広いネットワークを駆使し、独自に収集・分析した詳しい企業情報も提供してくれます。



口コミ評判:

企業の将来性に疑問を持ち転職活動を始めました。ほかの人材紹介所にも登録しましたが、リクルートエージェントの担当は、業界の事情に精通していたので私の業務内容といったものをすぐに理解してくれ一番話がしやすかったです。(31歳・男性)



社内SEへ転職が決まりました。ほとんど時間が取れず、片手間での就職活動という状況でした。それでもわりと早く転職先が決まったので無職になることなくスムーズに転職ができました。担当者の対応も良い感じでした。(28歳・男性)



転職すべきかどうか悩みながらの登録で、紹介してもらった求人の給与が前職より高かく、ほかの待遇もよかったので速攻で転職活動をスタートしました。最初の就職活動が不況の真っ只中だったので足元見られていたのが判ってヤル気にスイッチが入ったのか、あっさり決まりました。求人が多い時期に転職できてステータスもアップって良いですね。(26歳・男性)



いくつか登録した中の一つです。求人数はほかと比べて多いと思います。数件紹介してもらいましたが、別のエージェントで紹介された求人に決まりました。(27歳・男性)


マイナビエージェントは転職者のコンサルタントに力を入れている転職サイトです。求人全体の80%が非公開求人のため競争率にとらわれることなく転職が可能になります。




エンジニアと呼ばれる仕事に転職するには

エンジニアというとどのようなイメージを持ちますでしょうか。大学の学部でいうと「理系」ということになり、数学や物理などの計算が得意で、理にかなった行動をする、一つのことを探求し続ける、理詰めである。ということがエンジニアの基本イメージでしょうか。それでも、昔からある「堅物」というイメージはかなり払拭されてきたように思います。

エンジニアの仕事は幅広く、IT関係の仕事でいうとすぐにシステムエンジニアという名前が出てくると思いますが、もちろんそれだけではありません。物事を作り上げる仕事は全てエンジニアといってもいいでしょう。もう少し範囲を狭めると、物作りについて専門的な知識を持つ技術者をエンジニアと呼んでいます。

向いている人はやはり「理系」とよばれる人で、理系の授業を受けてきた人が向いていると思います。今の中高年世代ですと、ラジオやマイコンなどを作るのが好きな世代でしょう。現在の若者だとゲームを作るのが好きな人もエンジニアには、向いていると思います。

いずれにしても一つのことに根気よく向かい続ける人がエンジニアといえます。エンジニアに転職したい人は今の技術を活かす企業であれば、転職はかなり有利だと思います。全く新しい職種のエンジニアを目指すのであれば、キャリア形成の期間もありますのでやはり20歳代まで、30歳代でも35歳くらいまでだと思います。

専門的な仕事で、機械などのメンテナンスも多いですから就業時間も長くなりがちです。専門的な知識も必要なことから収入も高給といえるでしょう。昔は人付き合いが苦手なイメージがエンジニアにはありましたが、現在ではトータルに意味で対外的にも優れたエンジニアが求められています。


エンジニアの仕事をやりたい方におすすめ集



 
トップページ エンジニアのための転職ステップ5 おすすめ転職サイト